老犬の口臭は恐ろしい!?

老犬,口臭

「おえ・・・臭い( ;∀;)もう無理・・・。」

 

もしかしたら、あなたも私と同じような悩みを持っているのではないでしょうか?

 

「本当にどうして老犬の口臭は臭いの・・・。」

 

こちらのサイトでは、室内で飼っている老犬に関する口臭経験と改善する方法を紹介していますので、今すぐ「あの臭いニオイ」を改善したいという方はご覧ください。

 

そして、わたしが老犬の口臭を改善した方法を試してみてください。

 

↓↓老犬の口臭を改善するサプリ↓↓

老犬,口臭

老犬の口臭

 

 

 

若い頃は白いきれいな歯も3歳頃から段々と黄色いような茶色いような歯石がつくようになり、年を重ねていくにつれ、歯垢や歯石は歯全体に広がっていきました。

 

 

歯全体が歯垢や茶色い歯石に覆われるようになる頃には、口内はベタベタネトネト・・・犬本人も心なしか気持ち悪そうに見えます。

 

歳を重ね愛犬もシニア世代に入り老犬と呼んでもおかしくない年齢になった時のこと・・・。

 

 

初めは笑っていられたくらいの口臭も段々とドブのような強い臭いに(´;ω;`)ウッ…

 

 

もちろん犬本人に嫌がらせの気持ちはないようですが、あくびをしたり、吠えたりすると、息をとめないといられないような不快な臭いです。

 

老犬,口臭

「臭い口臭は歳をとってから酷くなりました。」

 

 

なぜなら、歳をとると免疫力が衰えてしまい口内の細菌類の繁殖が増加してしまう事があります。

 

 

老犬がじゃれて遊んでほしいと来ても邪険にしてしまう程度の臭さ。

 

 

可愛がって遊んであげたいのですが、近くにきて口をパクパク開くと臭くてたまらないので、かわいそうですが「口臭いからこっちに来ないで!」のような発言をしたり・・・。

 

 

老犬が眠っているときに無意識で口をムニャムニャ動かすのですが、そうすると臭いニオイが周囲に充満します。

 

 

人の手やぬいぐるみなどのおもちゃ、毛布を噛んだり舐めたりすると、その舐められたものはもちろん、周りの空気まで臭くなるのも困りました。

 

老犬,口臭

「可愛いけど口臭は我慢できません!」

 

 

犬に悪気はありませんが人間の顔を舐めたりしてスキンシップを図ろうとするため、特に口臭には敏感になってしまいます。

 

 

一番ひどかったドブのような強い口臭の老犬は多分歯槽膿漏になっていたようで、出血や痛みもあったようですが、歯が抜けてしまってからは、口臭は薄らいだように思えたのですが・・・。

 

 

そもそも歯が抜けてしまうとカリカリのドッグフードは食べれなくなり、アゴの力も衰えてしまいます。

 

 

これがどういう状況だと言いますと、噛む力が無くなってしまうと脳に血液を効率よく循環できなくなってしまうので、早い段階で「ボケてしまう」可能性があるのです。

 

 

噛む力が無くなってしまうと人間同様、体が弱ってしまうかもしれません。

 

 

小さい頃からガムや口臭を抑える歯磨き粉を使ったりすればよかったかもしれませんが、老犬のひどい口臭は犬本人も周りの人間も非常に苦痛で困りました。

 

 

そして、何とか今からでもできる老犬の口臭の原因と改善する方法を調べたのです。

 

 

老犬の口臭とその原因について

 

老犬の口臭に関しては悩んでいる方は多くいるそうですが、その原因は大きく分けて胃腸の問題か口腔内の問題かの2種類に分かれます。

 

  • 胃腸環境
  • 歯周病

 

の問題です。これらは人間と同じ原因と考えらえます。

 

 

老犬,口臭

 

 

まず胃腸関係の問題ですが、これは胃炎などの症状や腸内環境などの悪化などが考えられます。

 

 

これらにはドッグフードの質というものも関係してきており、安いドッグフードなどが身体に合わないというケースも考えられます。

 

安いドッグフードが原因で腸内が荒れる事があるのです・・・。

 

 

仕方がないことですが、老化が進むと腸内の善玉菌と悪玉菌の数が一定ではなくなり腸内環境が乱れる原因になる場合もあるのです。

 

 

人間もお腹の調子が悪いとき、酸っぱい口臭が匂うことも・・・。

 

 

また、腸内環境が乱れているため便秘などになると、うんちが体内から放出されずに溜まってしまうため、血液や血管をたどり「くさいニオイ」が口から吐き出される場合もあるのです。

 

 

つまり、腸内環境が乱れてしまうと腸内やうんちのニオイが出られなくなり口から放出されてしまうのです。

 

老犬,口臭

「老犬の口臭は、うんちのようなニオイかもしれません!?」

 

 

そして、次は老犬の口臭の原因として考えられる口腔内の環境悪化や歯周病。

 

 

これは人間にも言えることですが口腔内の環境悪化によって歯石が溜まりやすくなり、それが影響して歯周病などになる可能性があります。

 

 

さらには、歯周病だけではなく「歯が抜け落ちる」「頬に穴があく」「歯痛が原因の食欲不振」「鼻血」「クシャミが多くなる」といったような症状も現れます。

 

 

「症状が多すぎて分かりづらいですね・・・。」

 

 

そして、実は若い頃は免疫力が高かったおかげで口内の細菌やバクテリアの繁殖を抑制する事ができました。

 

 

細菌は増殖し歯に付着し歯石や歯垢になります。

 

 

つまり、老犬になるにつれ免疫力が低下して歯垢や歯石の付着を抑えれなくなってしまったのです。

 

 

口臭の悪化に関しては歯石が増えてきたり歯周病の始まりのサインとも言われているので、動物病院などで見てもらうのをおすすめします。

 

 

あとは、日ごろから歯磨きなどで口の中を清潔に保つのが重要です。

 

 

犬の歯というものはやはり健康な犬らしさのサインとも言えるので、美味しく食事を食べてもらうためにも定期的なケアをしてあげたいですね。

 

 

犬の口臭を改善する方法について

老犬,口臭

我が家の老犬の口臭が気になり出したのは10歳を過ぎたあたりからです。

 

 

ハアハアと息をかけてきた時の口臭は生くさい臭いでいくらかわいい愛犬でも我慢できるものではありませんでした。

 

 

老犬の口臭を改善するためには、まずその原因を探さなければなりません。

 

 

我が家の場合は口を開けてしっかりとチェックしてみると、上の奥歯がかなり分厚い歯垢で覆われていました。

 

 

歯茎も少し赤くなっていて明らかに歯周病を起こしている感じでした。

 

 

歯垢が蓄積すると雑菌の温床になるので歯茎にも炎症が及んでしまい歯周病を起こしてしまうのです。

 

 

ですから歯周病が原因で口臭が臭い場合は、歯のケアが大切。

 

 

それでは、歯のケアをどのようにするのか紹介させていただきますので、合う方法をご確認くださいね。

 

 

ハンドスケーリングで歯石や歯垢を除去

老犬,口臭

ハンドスケーリングというのは、スケーラーという先の尖った道具で歯に付着した歯垢や歯石を除去していきます。

 

 

人間の歯医者でいう歯石とりの「キュイーーーーン!」というあの恐ろしい道具ですね(;^_^A

 

 

あの音を聞いたでけで冷や汗が出てしまうスケーラーで老犬の歯を綺麗に磨いていきます。

 

 

しかし、このハンドスケーリングは「麻酔なし」と「麻酔あり」の方法があるのでどちらかを選択する必要があるのです。

 

 

麻酔なしの場合では、犬をしっかりと押さえて治療するため、完全には歯石や歯垢を除去できません。

 

 

さらには、治療台のうえで押さえつけるため老犬にとってもかなりのストレスとトラウマになってしまいます。

 

 

麻酔なしのハンドスケーリングは、麻酔を打たないというメリットがありますが、老犬にとってはデメリットの方が多いように感じるかもしれませんね。

 

 

麻酔下のハンドスケーリング

老犬,口臭

麻酔を使用してハンドスケーリングをすることで、歯石や歯垢をほぼ除去することが可能です。

 

 

ただ、麻酔を打つことで生命へのリスクが高まるため、血液検査をして体調を確認する必要があります。

 

 

さらには、病気であったり老犬である場合は麻酔を打つことができないため麻酔なしのハンドスケーリングです。

 

 

といっても麻酔をすることで老犬もストレスなく安全に除去できるので、歯周病を完全に防ぐことにつながるかもしれません。

 

 

麻酔のスケーリングは、術前術後の検査や体調管理が必要になるため1日動物病院に預けなくてはなりません。

 

 

日ごろから歯磨きをする

老犬,口臭

歯周病の原因でもある歯石や歯垢を付着させないために意識できるのは「歯磨き」ではないでしょうか。

 

 

歯に付着した歯石や歯垢がカチカチの石のように固まるまえに、ブラッシングで取り除くことで歯周病を防ぐことができます。

 

 

ただ、老犬から歯磨きをしようとするとかなり大変(;^_^A

 

 

なぜなら、慣れていない歯ブラシを口の中に突っ込まれると「嫌がったり」「怒ったり」する場合があるのです。

 

 

しかも、力づくてやろうとすると次から歯ブラシをチラつかせただけで「ガぅぅぅぅウ」と威嚇されてしまいます・・・。

 

 

そして、人間でも同じですが毎日ブラッシングしていても歯石や歯垢は付着します。

 

 

犬は人間に比べ約5倍の速さで増えていくそうです。

 

 

犬用ガムを普段から与える

老犬,口臭

ペットショップやホームセンターに犬用ガムが売られています。

 

 

このガムを集中的に噛み続けることで、歯垢や歯石の除去が期待できるほか、ストレス発散もできる優れものです♪

 

 

ただ、若い頃から与えていれば問題ないのですが老犬になってから与えても興味を示さないケースもあるよう。

 

 

しかも、虫歯や歯が弱くなっていると硬いガムを噛み続けられません。

 

 

それにガムに使用されている成分が何かわからないから与えるには抵抗がある人もいるようです。

 

 

免疫力をアップさせる

老犬,口臭

老犬の免疫力をアップさせ口内の細菌を抑制できるかもしれません。

 

 

若いころは、免疫力が高かったため口内の細菌やバクテリアを抑えられました。

 

 

つまり、免疫力の低下が原因で口臭が臭くなってしまった可能性が高いのです。

 

 

では、どうやって免疫力を高めれば良いのかと言いますと、「腸内環境」を整えるのが大切です。

 

 

歳を重ねるにつれ腸内環境は衰えて善玉菌や悪玉菌のバランスは悪くなります。

 

 

その結果、食べ物の消化不良が起こってしまいます・・・。

 

 

腸内で消化不良が起こると、腸内から酸っぱい口臭が増えたり、逃げ場を失ったニオイが体を循環し口から放出されるようになります。

 

 

つまり、腸内環境を整えたら口臭が改善するかもしれないのです!

 

 

ただ、腸内環境を整えるにはどうしたら良いのか?ちょっとわからないですよね・・・。

 

 

例えば、「整腸剤」を飲ませたり、「ヨーグルト」や腸に良いものを食べさせたり出来るかもしれませんが、老犬にも安心して与えられるかちょっと不安。

 

 

そこで、【94.1%の愛犬の口臭が減った】と実感されているキュアペットというサプリメントがおすすめです!

 

 

老犬の口臭を改善するサプリメントが凄い!?

老犬,口臭

ある時、インターネットで犬の口臭について調べていたのですが偶然【キュアペット】というサプリメントを発見したのです。

 

 

実は、このキュアペットは

 

  • 動物栄養学博士
  • ペット栄養管理士
  • 獣医師

 

といった犬の栄養の専門家が監修していて、お腹のケアを考えて作られているサプリメントでした。

 

 

例えば、ヨーグルトなどにも使用されている腸までしっかり届いて腸内を整える【プロバイオティクス】といった成分が配合されています。

 

 

このプロバイオティクスの力は腸内環境を整えることで「免疫力を高める」ことが獣医師の論文でも実証されているのです。

 

 

さらには、善玉菌だけを増やす効果、栄養の吸収をアップさせる効果も期待でき、口内のニオイも消臭してくれる成分も入っています。

 

 

そして、このキュアペットはハンドスケーリングや歯磨きなどのように手間がいりません。

 

 

ただ、いつものドッグフードに粉状のサプリメントをサラサラ振りかけるだけで良いのです♪♪

 

 

「我が家の老犬は2週間ほどでスッキリしました^^」

 

 

しかも、このサプリメントには老犬の腸内環境も整えてくれる効果も期待できたので、みるみるうちに体調も良い感じになっていったようです。

 

 

もし、老犬の口臭で悩んでいるのでいたらこのサプリメントを飲ませてみてはいかがでしょうか。

 

 

今、老犬の口臭が臭いと悩んでいる愛犬家さんの多くも使用されているので、興味のある方は一度公式サイトを確認してみるのも良いかもしれません。

 

 

初めて試される方限定ですが、お得に購入できますよ♪

 

 

↓↓老犬の口臭を改善するサプリ↓↓

老犬,口臭

老犬の口臭